たるみ治療には長期と短期があります

たるみ治療には長期と短期があります。即効性を期待したい場合にはワンデーリフトがおすすめです。この方法は日帰りで実施することができますし、局所麻酔を利用しますので痛みもありません。手術後にメイクをすることができるくらい、シンプルで気軽にできる方法です。

手術方法としては耳のしたの付け根から数センチを切開し、たるみを引き伸ばします。余分な皮膚は除去しますのですっきりとした印象になります。ほほ骨下のたるみが解消しますし、皮膚の縫合はしっかりと行いますので傷跡が目立つこともありません。ヒアルロン酸やポツリヌス菌を利用して、同時にしわとりをすることでアンチエイジング対策になります。

切開するなんてとんでもないという方にはほおに糸を挿入するだけの方法もおすすめです。腫れや痛みがほとんどなく、ダウンタイムが不要ですし、傷跡が目立ちませんから周囲の人に気づかれずにすみます。たるみ治療としては溶けない特殊な糸を使うだけのシンプルな方法ですが、強力なリフト効果があるため、画期的な方法として評判になっています。たるみ治療と平行して肌質の改善やはりの復活をするための治療をすることでアンチエイジング対策が可能となります。

しわの解消と肌細胞の活性化のための注射をプラスすることで肌が再生し、しわができにくくなります。顔の老化の悩みは一挙に解決したほうが全体のバランスもとれますし、時間や費用の節約になりますのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です