たるみ治療で人気が高いウルセラとは

10代や20代の女性の肌内部には、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分がたっぷり含まれているので、それが肌を持ち上げ、ハリや弾力を与えてくれます。触ると、モチモチとした感触を得ることが出来ますが、年齢を重ねると次第に美容成分が減少して、肌を持ち上げられなくなるので、次第に垂れさがり、たるみの目立つ肌になります。すると一気に老け込んだような顔になってしまうので、鏡を見るたびに若い頃の自分と比べてしまう方があれば、お近くの美容外科でたるみ治療を受けることをおすすめします。美容外科でカウンセリングを受けると、さまざまなたるみ治療の方法を提案されますが、最近人気が高まっているのはウルセラになります。

ウルセラとは、超音波により、SMAS筋膜と呼ばれる組織に直接熱エネルギーを加えて、リフトアップするたるみ治療のことで、皮膚に照射するだけで、その部分の肌が引き締まるので、メスを使う手術は受けたくないという方におすすめです。ウルセラにはダウンタイムはほとんどないものの、まれに腫れたり、赤みが生じることがありますが、しばらくすれば治まるので、安心して受けるようにしましょう。ウルセラでたるみ治療を受けた際にかかる料金は、大体25万円前後になりますが、美容外科によってはもっとかかるところもあります。ただ単に安いというだけで選ぶと、失敗する可能性があるので、事前に美容外科の口コミの評判や実績を調べてから、どこに任せるかを決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です