顔のたるみ治療について

年を重ねるごとに重力によりたるんでいく顔、マッサージやフェイスエクササイズもありますが、あまり改善が見られなかったり即効性が求められる場合にはクリニックにてたるみ治療をしましょう。フェイスリフトには、メスで切開して筋膜を引き上げる方法と、針で皮膚に穴をあけて糸を埋め込んで皮膚を引き上げる切開しない方法とがあります。切る方が長期間効果が持続する一方で、切らなければ傷が目立つこともなくダウンタイムが短くてすむというメリットがあります。レーザーによるたるみ治療や、プラセンタやヒアルロン酸などの注射を使ったたるみ治療もあります。

お値段や持続期間、メリットデメリットなど知った上で自分にピッタリのたるみ治療方法を探し出しましょう。クリニック選びも重要です。いずれも保険適用外となるため負担金額はかかりますが、決してお値段の安さだけで選ぶのはやめましょう。トラブルの元となります。

顔に行なう施術だけに何件も症例数を持つ信頼できる医師選びをするようにしましょう。顔のたるみがなくなると輪郭もすっきりとして、10歳は若返って見えます。顔のたるみを深刻に悩んでいるのであれば、試してみて悩み解消させましょう。今もさまざまな治療方法がどんどん出てきており、痛みが少なくて効果の高い施術方法も出来てきています。

たるみ専門外来というのもあり、老化だけでなく生活環境の面からもたるみの原因を探り、アプローチしていっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です