コピー機レンタルのメリット

最近ではコピー機といえばオフィスにとどまらず、コンビニエンスストアやデパートの店内、図書館や役所などのさまざまな場所に設置されています。そのため家庭で大量の文書が必要な場合には、コイン式のコピー機がある場所まで行けばよいわけですが、会社や団体のような組織となると、そのつど店舗に出向くわけにもいかず、やはり自前で導入するのが効率的です。この場合にもっとも頭を悩ませるのが価格の問題ですが、最近のコピー機は高性能であるがゆえに、価格もその分高止まりしており、特に経営体力が弱い中小企業の場合にはなかなか手が出せないといえます。このような場合にはレンタル方式を試してみるのがよいでしょう。

レンタル方式のメリットとして最大のものは、やはり低コストで新しい機種が導入できるところです。通常であれば一日単位であっても借りることができ、条件しだいで数か月や数年での借り入れも可能になっています。料金は日割りや月割計算で、一度に多額の現金が必要な購入の場合とは違い、企業の負担も少ないメリットがあります。レンタル方式の場合、機器の所有権はあくまでもレンタル会社にありますが、かえって固定資産税などもかかりませんし、故障や修理が必要な場合のメンテナンスもサービスの一環として付いてくるため、購入するよりも便利な面があります。

またリース方式とも違って途中解約ができなかったり、借り入れに審査が必要といったこともありません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.