コピー機の導入時、レンタルがいい場合

コピー機を導入しようと考えたとき、3パターン方法があります。それは、レンタル・リース・購入です。会社にすぐに導入したい場合や短期間だけ使用したいときに向いているのがレンタルです。リースという方法もありますが、リースは導入する際に審査があるので、すぐ導入したくても審査が通るまでは貸してもらうことが出来ません。

その点、レンタルは使いたいときにすぐ契約できるため、明日から使いたいときに適しています。さらに最短で1日から貸し出ししていることから、急遽短期間だけコピー機を使用したいときに使い勝手が良いでしょう。レンタルは自分たちで機種を選ぶことが出来ないため、ほとんどが中古品が貸し出されます。それは、貸し出している会社があらかじめ購入したコピー機を貸し出すシステムになっているからです。

そのため、しっかりメンテナンスがされているとはいえ、故障するリスクがあることを忘れてはいけません。メンテナンスは貸し出す側がしていることから、メンテナンス費用が高めに設定されていて、月額料金が高額になるケースがあります。そういう理由から長期間の使用を検討している場合はレンタルは向きません。反対に長期間の使用を検討していて、最新機種を自分で選んで借りたい人はリースが向いています。

初期費用もなく、安価で借りられることが特徴の一つです。しかし、最低3年以上契約しないといけないため、長期間向きと言えます。このようなことを比較した上で、コピー機導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.