コピー機のリース利用で4つのチェックポイント

コピー機を有効的な利用方法の1つとしてリース契約があり、最新機種であっても利用する事が可能です。購入するよりも費用を抑える事もでき、長期契約を検討しているのであればリースでの利用はとても有効的な方法の1つといえます。ただし利用する上で4つのチェックすべきポイントがあるので、ポイントを抑えて選ぶ事が重要です。チェックすべきポイントとして印刷枚数があり、機種によって印刷速度には大きく違いがあります。

利用するコピー機の印刷速度によっても費用には大きく違いがあるので、仕事に合わせて選ぶ事が大切です。1ヵ月の印刷物が平均500枚程度の企業と、3、000枚以上印刷する企業であれば必要な印刷速度が違う事がわかります。仕事に合わせて対応できる印刷速度が搭載された機種を選ぶことで、費用にも大きく影響してきます。次に機能性ですがコピー機であっても、搭載内容には違いが多いです。

コピーだけでなく印刷やFAXやスキャナといった機能が掲載されているタイプがあるので、より便利に活用する事が出来ます。契約する上での料金ですが、内訳などを確認する事が大切です。単純にリース代だけでなく、保守内容なども含まれた料金になります。定期点検やトナーの交換内容などにかかる費用がどうなっているのか、細かくチェックした上で納得できるかどうかが重要なポイントの1つです。

最後に保守契約を行う必要がありますが、保守内容自体も複数あり内容を把握して選ぶ事もポイントとなります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.