コピー機リース利用での注意点

コピー機を利用する際に購入するには高額な事が多いので、より便利な利用方法の1つとしてリース契約があります。最新の機種を選ぶ事もでき、定期点検やトラブル時の修理など対応してくれるのでとても便利です。ただし良い面だけでなく注意点もあるので、しっかり把握しておく事が重要なポイントの1つです。コピー機をリースでの利用を行う際に、基本的には長期的な契約が基本となります。

平均すると3年契約が多くありますが、1年契約や長期的に7年契約なども選ぶ事が可能です。ただし契約途中での解約をする事はできないので、契約する年数は注意する事が重要となります。様々な事情によって途中契約を希望する際は、残りの契約金の残金支払いが必要になることも多いのでその点をしっかり把握しておく事が大切です。長期的に利用する事が出来るという点で、長い年数を使用し続けることで結果として割高になる場合も出てきます。

3年程度の利用であれば購入よりもぐっと節約した利用が可能です。ただし長期的な契約が続く事で、最終的な費用は購入するよりも割高になる可能性もあります。最新機種のコピー機を利用する事が出来る点や、保守契約などのサービス内容などを考慮した上でリースの年数を都度見直すなど考慮する事が重要です。長期契約を予定している場合であっても、あまり長すぎない年数毎に契約内容を見直すなどし、費用面も考慮しながら利用する事が重要なポイントといえます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.