コピー機で使われるリース契約の利点

多くの企業ではコピー機をリース契約して利用しています。リースとはレンタルの一種で、2年ほどという長期的な貸し出しなのですが、どうしてこの形態が普及しているのでしょうか。それはコピー機の特性を考える必要があります。普通の固定資産であるならば、会社として買い切ってしまって自社の資産にしてしまう方がスッキリします。

しかしコピー機の場合、使っていれば紙が切れたりトナーが切れたりします。そこで毎回購入する形になります、リース契約しておけばその部分のサポートが契約に含まれているので、簡単に対応してもらえるのです。同様に故障してしまってもすぐに技術者が飛んで来てくれますし、よっぽど過失がない限りは無料で直してくれます。そういったサポート人員がいるという事はサポートがしっかりしているという事なので、使い方が分からないところなども聞けばすぐ教えてもらえます。

また、技術が日進月歩な事も外せない要因でしょう。購入して5年も10年も経ってしまったコピー機はどうしても動きがおかしくなりますし、最新機種に比べると機能が劣ってしまいます。数年のうちに広まった無線通信などに対応してもらうには、最新機種でなければならないでしょう。リース契約であれば2年ごとに契約更新があり、最新の機能を盛り込んだ機種に乗り換えるのもそうコストが掛かる事ではありません。

サービス会社はそっちで古い機種はどうにかしてくれるので、使う企業は常に新しい機種を使い続けられるのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.