最新機種のコピー機を導入するならリースがおすすめ

以前にも増してデジタル化が格段に進んでいる近年では、ほとんどの企業がオフィス内にパソコンを導入するようになりましたが、このような時代背景もあってこれまで一定期間の保存義務があった契約書や領収書などの帳簿書類が法改正によって電子データとして保存することが可能になりました。これまで企業は業務を続ければ続けるほど大量に発生する帳簿書類の保管スペースを確保しなければなりませんでしたし、業務の資料として必要な帳簿書類を探し出す作業も手間がかかるうえに紛失してしまう危険性があったため、この法改正によって多くの企業が帳簿書類の電子データ化を進めているのです。そして、帳簿書類を電子データ化する作業の効率化を図るうえで最も役立ったのが、コピー機に搭載されたスキャナー機能だったのです。そのため、これから起業することを考えている方や新たにコピー機の導入を考えている経営者の方であれば、オフィスに設置するコピー機を探す際には絶対的にスキャナー機能が搭載された機種のものを選ぶことをおすすめします。

ただ、スキャナー機能を搭載したコピー機の購入代金はかなり高額となるだけに、リースを活用して初期投資費用を確実に抑えることが得策だと思います。また、リースなら月額使用料を経費として扱うこともできますし、所有権がリース会社にあるので固定資産税も支払う必要がないうえに、減価償却の手続きも行わなくて済むというメリットがあるのです。ですから、スキャナー機能を搭載したコピー機をオフィスに導入する際にはリースを活用することがおすすめです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.