オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

営業支援サービスの活用

従業員数の多い会社に勤めていると意識しませんが、会社によって必須となる部署は異なります。社長が総務もやっていたりするのがよくある話ですが、さらによくあるのが営業は社長が行っている場合です。そもそも社長が業務を立ち上げ、それを軌道に乗せて手が回らずに会社を作ったりした場合には、全て社長が出来ます。そして教えれば誰にでも出来る部分を順番に社員に引き継いで行き、自分は新しい仕事を取る作業に専念すると、社長が営業という事になります。

さらに仕事が安定すると何もしなくても仕事が入って来る状態となり、実務担当は増やす必要が出来ても営業担当は必要ない状況となるのです。それがずっと続くならいいのですが、いざ何かのタイミングで仕事が途絶えた時には困った事になります。社長以外に外に出て仕事を取ってくる能力を持った人がいないからです。そこで利用したいのが営業支援サービスで、これは営業支援の名前の通り、仕事を取ってくる業務のアウトソーシングとなります。

他社の人間に任せるのが営業支援サービスなので、まずは業務内容を理解してもらうところから始まります。面倒に思いがちですが、そもそも新しく社員を取ったとしても必要な教育ですし、現在いる社員にやらせる場合には営業活動の資質が必要な事を考えると、まだコストの優しい部分と言えるでしょう。使う上でのメリットとしては、仕事がまた安定したら契約を終了すればいいことと、初めから営業のスキルを持った人をいきなり使えるというところがあります。営業支援のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です