オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

営業支援システムを導入するには

営業支援によってスタッフの負担を軽減し、様々な情報を一元的に管理するために使われているツールがSFAです。SFAとはSalesForceAutomationのことで営業支援システムや営業の自動化、営業管理ツールなどと呼ばれています。営業担当のスタッフは、顧客リストの作成やテレアポの他に訪問による商談や既存の顧客に対するアフターフォローなど様々な業務をこなします。SFAには顧客リストや見積書の作成機能、スケジュール管理機能などがあり定型的な業務を自動化してスタッフの負担を減らすことができます。

営業支援システムは顧客や案件に関する情報が一元的に管理し組織的な営業活動を可能にします。特定のスタッフだけが情報を独占的に保有していると、異動や退職などによる引き継ぎに失敗したり重複営業を行ってしまうことがあります。担当者が不在時にトラブルが起きても他の部署のスタッフが対応できません。情報が属人化するとスタッフ間や部署間の連携が困難になり、様々な失敗によって顧客の信頼を失う可能性が存在します。

営業支援システムを導入すれば様々な情報やノウハウが組織全体で共有されます。このシステムを導入する場合には、まず営業担当スタッフへのフォローを十分に行うことが大切です。長期的に考えると業務の効率化や売上の増加が期待できても、使い慣れたシステムの変更にスタッフが抵抗を感じることがあります。事前の研修によって目的や使用方法などを現場スタッフと共有しておけば、抵抗を和らげて円滑にシステムを導入できます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です