オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

営業支援を使って外部のスタッフに営業してもらう

会社の組織には、実際に業務をこなす担当者と仕事を取ってくる営業がいます。通常はそうなのですが、会社によっては自動的に仕事が入って来る態勢が確立していて、営業担当が必要でない場合もあるのです。そういった場合、営業として人を入れては無駄になるので空席になることがあり、いざ何かのきっかけで仕事が来なくなった時に問題になります。そうなった時には人を入れるしかないのですが、もう一つ手段があり、それは営業支援サービスを利用して他社の人間に営業してもらうという方法です。

これは昔からあった仕組みではないですが、近年多くの企業が利用する様になり、サービスとしても広まって来ました。自社ではなく他社の人間が行うのですから、まずは営業支援のスタッフにしっかりと自社の業務を理解してもらう必要があります。この部分は難しいところでもあり、出来るだけその業界の事を知っている人に入ってもらうのがいいでしょう。普通とは少し違う形態ではあるのですが、大きなメリットとしてはまた継続的に仕事が入る様になった際には、簡単に終わりに出来る点があげられます。

これが新入社員だとそうはいかず、別の役割を任せるしかないのですが、営業支援は外部の人なので簡単に出来るのです。そう考えて見ると、継続的に仕事が入って来る会社にとってこのサービスは非常に使い勝手の良いものだと言えるでしょう。あまりどこでも使っているものではないですが、そういうものがあって場合によっては使えると言う事を知っておくといいかもしれません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です