オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

営業支援を効果的に行うには

営業支援によってスタッフの負担を軽減しつつ売上の増加を図りたいのであれば、SFAを導入するとよいでしょう。SFAとはSalesForceAutomationのことで、営業支援システムや営業の自動化などと呼ばれています。このシステムを導入すると、スタッフが商談を開始してから受注に至るまでの進捗状況を可視化して活動を効率的に管理できます。営業を担当するスタッフは顧客リストの作成やテレアポ、各種書類の作成や見込み客への情報発信など様々な業務を行わなければなりません。

訪問による商談だけでなくクレーム対応や既存顧客へのアフターフォローなども行う必要があります。売上の増加を図るには煩雑な業務を回避して重要な顧客への営業活動に専念することが大切です。営業担当スタッフの業務には繰り返し行われるものや定型的なものが多く、SFAを使って自動化すれば負担を軽減できます。時間や労力に余裕が生まれれば、重要な業務に専念できるので売上の増加につながります。

SFAには顧客リストや見積書の作成機能の他に、スケジュール管理機能など定型業務を効率化する様々な機能が備えられています。顧客情報を一元的に管理する機能もあり、組織全体で情報を共有すれば過去の事例などからノウハウを得ることができます。営業支援システムを導入すると業務プロセスが可視化されるため、上司やマネージャーなどから的確なアドバイスが得られやすくなります。スタッフの負担を軽減しつつ効果的な営業活動を行いたいのであれば、営業システムを導入するとよいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です