オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

営業支援の特徴について

営業支援とは営業部門の業務をサポートしたり様々な課題を解決し、売上の増加を図る施策のことです。最近では営業支援を積極的に導入する企業が増えており注目を集めています。売上を増加させるには担当スタッフがコア業務である営業活動に集中しなければなりません。営業活動とは直接的に関係のない業務の負担を適切なサポートによって軽減すれば、スタッフの生産性を向上させることができます。

スタッフの負担を軽減しつつ売上の増加を図るため、多くの企業が営業部門のサポートを導入するようになりました。営業を担当するスタッフは顧客リストの作成やテレアポ、各種書類の作成など様々な業務を行わなければなりません。例えば見込み客の情報整理に時間がかかると、顧客への情報発信という重要な業務ができなくなってしまいます。営業部門をサポートする目的で開発されたITシステムであるSFAを導入すれば、スタッフの負担を軽減しつつ業務効率を高めることができます。

SFAとはSalesForceAutomationのことで営業支援システムや営業の自動化、営業管理ツールなどと呼ばれています。このシステムには営業活動をサポートする様々な機能が備えられており、売上の増加が期待できます。スタッフが入力した情報を詳細に分析すれば、見込み客に対する効果的な情報発信が可能になります。戦略的な営業活動によって生産性を高めたい場合など、このシステムを導入するとよいでしょう。

SFAは営業活動に関する様々な情報を一元的に管理する機能も備えています。このシステムを導入すればスタッフ間や部署間で情報が共有されます。組織的かつ効率的な営業活動を行いたい場合にもSFAが効果を発揮します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です