オフィス, ビジネス, ビジネス/オフィス

情報の共有ができるCRMとは

営業活動とは顧客である企業を訪問しての製品のピーアールなどの情報の提供や電話やメールでの応対、製品が売れた時にはどの製品をどのくらいの数、いつ発注するかの調整を行うことです。この履歴や発注のけっかなどの情報は担当者個人が記録していますが、他のスタッフが閲覧できないと、担当者が転勤したり休みの時には対応できないなどの不備が生じます。この顧客とのやりとりや対応の内容を共有できるシステムがCRMで、CRMとはいままでは担当者個人が持っていた情報を関係者みんなで把握できるたくさんのメリットのあるシステムです。CRMとは顧客情報を共有することですが、新規の顧客獲得にも関係します。

たとえば担当者が一人で対応している新規の企業があり、とても販売まで至りそうにない場合でも、その対応を記録した情報をみんなで検討すれば新しい戦略も浮かんでくることがあるからです。今までなら一人の担当者が行ってきたことをみんなでやるチームワークを使って取り組むことが、新しい顧客の獲得に繋がります。この他にも熱心に対応しているがとても販売に結びつかない時には、内勤型の営業に切り替えるなども実施できることから、無駄な業務を削減することができ、大きく見ると人件費の削減やオーバーワークの改善ができます。急なトラブルが発生した時も、時間の空いているスタッフが処理することもでき、CRMとは個人からチームでの営業に脱却するシステムです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です